歯周病から歯と全身を守るために

歯周病から歯と全身を守るために

「歯周病」という名前を聞くことがあっても、自分には関係ない話だと思われていませんか?しかし歯周病は日本人の成人の約8割がかかっている、もしくは予備軍だといわれているほど身近な病気です。高齢者のトラブルというイメージが強いかもしれませんが、近年では年齢も関係なく、若い方でも罹患する傾向が高まっています。

歯周病から歯と全身を守るために

放置して悪化すれば、歯を失うばかりか全身にも悪影響を与えることがわかっています。「歯ぐきの腫れ」や「ブラッシング時の出血」は、歯周病のサインです。少しでも異変に気づいたら、田無駅、武蔵境駅が最寄り駅の歯医者「みずた歯科医院」までご相談ください。

歯周病が全身に与える影響

歯周病は、歯周病菌による感染症です。悪化すれば歯を支える顎の骨や歯ぐきが徐々に溶かされていき、最後に歯は抜け落ちてしまいます。さらに影響は、全身にも及ぶことがわかっています。

糖尿病 心臓疾患
糖尿病患者の方は歯周病になりやすく、歯周病の方は糖尿病を悪化させやすいなど、この二つの病気は深い関係にあります。 歯周病菌が血管に入り込むと血栓をつくりやすくなり、動脈硬化や心筋梗塞、狭心症などを招くことがあります。
肺炎 早産・低体重児出産
歯周病菌が誤嚥(ごえん:誤って飲み込むこと)によって肺に入り込むと、肺炎を引き起こすことがあります。 歯周病菌は子宮に影響を与え、陣痛に似た筋肉収縮を起こすことがあります。それによって早産や低体重児出産のリスクを大幅に高めてしまいます。

当院の歯周病治療の特徴

当院の歯周病治療の特徴

当院では、お薬や電解中性次亜塩素酸水、レーザー治療器、高周波治療器などを使用して歯周病治療を行っています。的確な検査・診断によって一人ひとりのお口の状態をしっかり把握した上で、どのような治療法が適しているかを判断してご提案します

当院の歯周病治療の特徴

もちろん患者さんのご希望もくわしく伺い、治療法の丁寧なご説明およびご相談を重ね、患者さんご自身に納得のいくものを選んでいただきますのでご安心ください。担当の歯科衛生士が患者さんのお口の状態をしっかりと把握し、継続的にサポートしますので、一緒に頑張っていきましょう。

歯周病治療メニュー

  • 歯周ポケット内除菌療法

    歯周ポケット(歯と歯ぐきの間の溝)を、除菌効果が期待できる電解中性次亜塩素酸水で流しながら、歯周病菌の棲みかとなるプラーク(歯垢)・歯石を取り除く治療法です。
    仕上げには歯ぐきの引き締め効果の高い薬剤を塗りながら、歯ぐきのマッサージを行います。
    これにより多くの方は、炎症などのない引き締まった歯ぐきになり歯周病が改善します。

  • カンジダ菌除去療法(うがい療法)

    抗カビ薬を用いてうがいをする方法です。
    お口の中のカビ菌(カンジダ菌)の影響によって、歯周病がなかなか治らないという方に対して行います。
    良好な結果を得ており、お口の中のネバネバ感や、口臭が減少していきます。

  • 次亜塩素酸殺菌水うがい(ホームケア用)

    次亜塩素酸殺菌水うがい(ホームケア用)

    院内に設置している「EPIOS ECO SYSTEM」で生成した、除菌効果が期待できる電解中性次亜塩素酸水をご自宅に持ち帰っていただき、うがいをしていただきます。少し苦いですが、歯周病菌・虫歯菌の増殖を抑えて予防につながります。

~電解中性次亜塩素酸水を用いて感染対策に取り組んでいます~

~電解中性次亜塩素酸水を用いて感染対策に取り組んでいます~

当院では、除菌効果が期待できる電解中性次亜塩素酸水を生成できるシステム「EPIOS ECO SYSTEM」を診療室全体に導入しています。手洗い、うがいはもちろん、歯を削るタービンからもこの電解中性次亜塩素酸水を流し、安全性の高い治療を可能にしています。