ストレスが原因で顎関節症になる人が増えています。

親知らずや顎関節症は口腔外科へ

奥歯のさらに奥に生えてくる親知らず。強い痛みをともなうだけでなく、虫歯歯周病になりやすいなどトラブルを招きがちな歯です。また「口が大きく開かない」「顎がカクカク鳴る」などの症状があれば、顎関節症(がくかんせつしょう)が疑われます。

田無駅、武蔵境駅が最寄り駅の歯医者「みずた歯科医院」の口腔外科では、親知らずや顎関節症のほか、口内炎や腫瘍の有無、また睡眠時無呼吸症などの治療に対応しています。お口について、虫歯や歯周病以外にも気になる症状がある場合には、お気軽に当院までご相談ください。

口腔外科とはどんな科?

口腔外科とはどんな科?

「口腔外科」と聞いても、どんな治療をするところなのかすぐにイメージしにくいかもしれません。口腔外科とは、歯科治療の中でも外科的処置を行う診療科です。また歯や歯ぐきをはじめ、舌や粘膜、顎の骨や関節といったお口全体のトラブルに対応しています。

具体的には親知らずの抜歯や顎関節症の治療のほか、口内炎や腫瘍の診断、さらに睡眠時無呼吸症などの治療にも対応します。

親知らずを抜歯するケース・残すケース

「親知らず=(イコール)抜歯」と思われている方は多いのではないでしょうか。しかし、必ずしもそうではありません。診察の上でとくに問題がないと判断した場合には、残せるケースもあるのです。こちらでは、親知らずを抜歯するケースと残すケースを比較してご紹介します。

抜歯が必要な親知らず 残せる親知らず
抜歯が必要な親知らず 残せる親知らず
  • 強い痛みや腫れがある
  • 虫歯になっている
  • 隣り合う歯を虫歯にするリスクが高い
  • 歯並び・咬み合わせに悪影響を与えるリスクが高い
  • 咬み合う歯がない
  • 痛みや腫れがない
  • 奥歯として問題なく機能している
  • 残すことで将来的に移植に使える可能性がある

「抜歯する」「しない」の判断は、一度診察をしてみないと行えません。奥歯のさらに奥に違和感を覚えたら、ぜひ一度当院までご相談ください。

顎関節症とは

顎関節症とは

顎関節症とは、文字通り顎の関節に起きるトラブルです。咬み合わせの乱れなどによって顎関節に負担がかかり、「口が大きく開かない」「カクカク音が鳴る」「顎が痛い」などといった症状が現れます。ストレスも、顎関節症の原因の一つです。

様子を見ることで症状が治まるケースもありますが、場合によっては全身の不調につながることもあります。異変に気づいたら放置せず、お早めにご相談ください。

そのほかの治療にも対応しています

  • 口内炎

    口内炎

    お口の中の粘膜に生じる粘膜の総称を、口内炎と呼びます。原因は細菌やウイルスのほか、やけどや入れ歯の不具合、また全身疾患の影響なども考えられます。なかなか治らない口内炎でお悩みの方は、一度ご相談ください。

  • 腫瘍

    腫瘍

    腫瘍は、お口の中にもできることがあります。それが良性か悪性かは検査を受けてみないとわからないため、早期に診察を受けることが大切です。初期には自覚症状がないことも多いため、定期検診を欠かさないようにしましょう。

  • 睡眠時無呼吸症

    睡眠時無呼吸症

    睡眠時無呼吸症とは、睡眠中にのど部分の筋肉がゆるむことによって舌根などが下がり、気道がふさがれて呼吸が停止してしまう症状をいいます。

    睡眠障害が起きるだけでなく、呼吸の停止によって血中の酸素が低下し、動脈硬化や高血圧、また心疾患などのリスクを高めるため、早めの治療が大切です。

武蔵野赤十字病院と連携しています

~武蔵野赤十字病院と連携しています~

当院では診察後、当院での対応が難しいと判断した症例については、武蔵野赤十字病院に紹介状を書き、そちらで治療を受けていただいています。これは、患者さんにより適した治療を受けていただくためです。
さまざまな症状に臨機応変に対応していますので、お口の中の異変については、まずは当院までお気軽にご相談ください。