開咬(前歯が咬みあわない)のマウスピース矯正 症例

  • 開咬(前歯が咬みあわない)のマウスピース矯正 症例
  • 開咬(前歯が咬みあわない)のマウスピース矯正 症例

左が矯正前、右が矯正後の写真です。
マウスピース矯正適応外とされている開咬(前歯がかみ合っていない)ですが、 ワイヤーを使用せず、
アソアライナー単独のマウスピース矯正で改善しました。
ただし、重度の開咬は、終盤で夜間のみゴムで引っ張る場合があります。
非抜歯で歯型取り8回、治療期間(歯の移動期間)は1年6ヵ月でした。治療費は、70万円です。

*マウスピースは、1日17時間以上入れていただく必要があります。装着時間が短いと想定通り動きません。
長時間入れてくださるほど歯はよく動き、治療時間が短くなります。

左が矯正前、右が矯正後の写真です。
アソアライナー単独のマウスピース矯正で治療しました。
この程度の開咬でしたら、それほど期間はかかりません。
非抜歯、歯型取り6回、治療期間(歯の移動期間)は1年で終了しました。治療費は、63万円です。

*マウスピースは、1日17時間以上入れていただく必要があります。装着時間が短いと想定通り動きません。
長時間入れてくださるほど歯はよく動き、治療時間が短くなります。